学問・資格

2015/08/29

[英語]英語は多読中心でうまくいく!

多読関係の本を探していて、この本を見つけました。

TOEICの得点がリスニングで50点下がり、どう勉強したらよいのか迷っている時にこの本に出会いました。

この本では、当然のことながら本を読むことを薦めていますが、主な要点は以下のとおりです。


1.文法は大事
  文法をちゃんと勉強することなくして、英語の上達はない。
  外国語を勉強する上で、文法・語彙・構文の理解は大切。
  文法を理解しないで、英会話スクールに通っても英語が話せるようにならない。

2.英語は多読
  (日本人で)英語ができる人は、例外なく大量の英文を読んでいる。
  書いたものをたくさん読むことで、会話に必要な単語や表現を覚えることができる。
  そしてそれを繰り返し大きな声で音読することで、英語が話せるようになる。

3.英作文のすすめ
  今日読んだことを書くことで英語の能力が上がる。
  1日1時間、報告書。英文日記を書く。
  役に立ちそうな表現を文章ごと利用する英借文を行う。


evernoteで記録してみましょう!ご招待は以下から
https://www.evernote.com/referral/Registration.action?sig=aca89703c3a304873a20567e5314999e&uid=12321801


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

英語は「多読」中心でうまくいく!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/15

FreeMind活用クラブ - マインドマップをフリーソフトで

小学5年生の娘が学校でマインドマップを習ってきたようです。

「はずかしい」といいながら見せてくれたものは、ちゃんと自分で
幹や枝葉が描けている。

発想法にはKJ法などいろいろな手法があるんでしょうが、
最近読んでいる本では、マインドマップを薦める物が非常に
多いです。

かく言う私は、マインドマップを体系的に学問として学んだことは
ありません。

ムックでマインドマップに関する本を買ったのみでまだ実践できて
いないのです。

創造的なことをやるためには自分で時間をとって心の言葉と対話
しながらという作業が必ず必要です。

大人はついついパソコンで何でもやろうとしてしまいますが、
紙と色鉛筆で描く世界は結構、気持ちの良いものなのかも
知れないですね。

大人の私は、ソフトを入れてやろうとするあたりが、実践を遠ざけて
いるのかもしれないですが。


リンク: FreeMind活用クラブ - マインドマップをフリーソフトで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/07

死語! (今日のテーマ)人生はOK牧場!

BlogPet 今日のテーマ 死語!
「死語と聞いて今一番最初に思い出したのは?」
ok牧場 って 死語!
 
  ていうより、大好きな言葉です。
 
私の人生もいつも OK牧場です。
 
ガッツさん面白いですよね。
 
ガッツ石松さんのホームページ
http://www.guts-ishimatsu.com/
 
2008年4月より
広島国際学院大学の客員教授に就任されたようです。
 
講義風景
http://www.hkg.ac.jp/soc/topics/080521_guts/

ランキングサイトに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

私塾界オフィシャルブログ:類塾 『週刊朝日』を営業妨害及び名誉毀損で訴訟準備中って結局どうなったのかな?

類塾という、関西の私塾があります。

実は私の娘も昨年からこの塾で勉強するようになりました。

塾に行ってから積極的に勉強するようになってびっくりしています。

小学校の成績も随分とよくなっています。


ここからが本題です。

その当時、私は何のことか分からなかったのですが、
「週刊朝日」から名誉毀損を受けていたということです。

塾っていうのは子供に学校以外に勉強を教える場所です。

まーこの塾は補習塾というより、進学塾の位置づけですが、
大学受験は扱っておらず、中学受験、高校受験を専門に
している。

先生に対する生徒の評価によって、教科担任が変わるなど、
システムとしても良い対応をしているように思われます。

今回槍玉にあがったのが、類塾ネットの中の議論をさした
もののようです。

これは直接の授業と関係ないネット上で自由な発言
をするものです。
先輩の意見を聞きながらいろいろな意見があることを
学ぶという趣旨のネットミーティングのようなものです。

いろいろなテーマを考えることにより論理的な思考能力
を育てようとの試みもあるようです。


自由な議論を戦わせることと、一方的な思想を強要する
ことは全く別物。


類塾からも事実無根なので、父兄もネット上の議論を
しっかり見てほしいとの依頼がありました。


そもそも、この類の記事は何が発端で書かれたものなのか?

やはり、関西私塾の競争が激化していることによる、
誹謗中傷なのか?

でも「週刊朝日」にとって、この記事の意味するものは
何なんでしょうか?

「週刊朝日」には、カリスマ経営者の醜聞をうわさとして
流すことにより、どこからか利益提供を受けられるような
何らかの流れがあったのではないでしょうか。


昨年の今頃は塾探しをしていました。

ところが、広告を見ているだけでは全く違いが分かりません。
どこにしたら良いものか、困っていました。

そこはわが奥様しっかりしています。
見ると聞くとは大違い。いや、
百聞は一見にしかず。
直接確かめるの近道です。

やっぱり、塾主催の説明会を受けて、親自身も納得した上で
通わせることが大切です。

他の子供に良いことが、自分の子供にもそのまま適用できる
とは限りません。

たまたま今はあっているようですが、うまくいかないようなら、
どこが合わないのか、よく見極めが必要でしょう。

ここの塾の良いところは、基礎を大切にしているとこと。

そして、復習をしっかりやるように指導しているとこと。

土台の無いところに大きな木は育たない。

大事なのは「基礎」「基本」である。

繰り返し、「基本」を徹底的に理解させる。

このことがとっても大切だと思う。


リンク: 私塾界オフィシャルブログ:類塾 『週刊朝日』を営業妨害及び名誉毀損で訴訟準備中.

類塾の見解 週刊朝日質問状に対する回答



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

Bond-BBT MBAプログラム-受講開始までのステップ-

リンク: Bond-BBT MBAプログラム-受講開始までのステップ-.

かつて遠隔プログラムでMBAが取得できるっていうのを探していました。(アメリカでは通信教育でMBAが取得できるものがけっこうあり、インターネットサイトでリアルに学習できるものも多い)

このビジネスブレークスルーのボンド大学MBAプログラムは、オーストラリアの大学なのですが、日本に居ながらに海外の大学に留学ができてMBAが取得できるというもの。
開校当時からウオッチしていますが、大前研一さんがやっているだけあって、内容も濃く、実力がつきそうです。
どれぐらい続くプログラムなのかなぁと思っていましたが、もう17期になったっていうのがすごいですね。

英語力には全く自信がないので、入学後に英語のレベルアップを図れるのはうれしい内容だと思います。

っていっても、実際に申し込むところまでいかないんですがね。
(推薦書2通 必要ってのがちょっとネックかなぁ。職場に知られずに参加したいって場合はちょっと無理かもしれないですね)

以下 BBTからのメール(抜粋)を転載。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最終応募受付中】 第2次締切 8月21日まで
─────────────────────────────────

第17期の応募要項は以下の通りです。皆様の応募をぜひお待ちして
おります!

【開講】2006年9月4日(17期)
【締切】第二次締切 8月 21日(月)

【必要書類】
 <1> 願書(オンライン申込みできます)     *入学検定料不要
 <2> 推薦状 2通 (専用フォーマットはこちら)*後日提出可
 <3> 成績証明書・卒業証明書 (ともに英文) *後日提出可

□TOEFLスコアは入学時には必要ございません。
□詳しい手続きは ⇒ http://www.bbt757.com/bond/tejun.htm 
□☆願書の英文エッセイ部分は、後日メールで送ることも可能です。

-------------------------------------------------------------

 ◆お問い合わせはフリーダイヤル、メールでお気軽にどうぞ。
   Tel: 0120-386-757 Mail: mba@bbt757.com

============================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/21

アタッカーズ・ビジネススクール : ビジネス起業セミナーのご案内

リンク: アタッカーズ・ビジネススクール : ビジネス起業セミナーのご案内.

いつも受けてみたいとは思うもののなかなか行動には移れません。
生で聞いてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)