映画・テレビ

2019/06/09

仮面ライダージオウ 第39話「2007:デンライナー・クラッシュ!」

仮面ライダージオウ 今回は、仮面ライダー電王の回ですね。

 

ソウゴ達の世界に、デンライナーが飛び込んできます。

どうやら、デンライナーは故障しているらしい。

それを直してもらうために、ソウゴ達の世界にやってきたのだ。

今回の物語のカギを握っているのはソウゴのおじさん。

本業は時計屋さんなんだけど、電気製品なら直せるっていうおじさん。

この世界で時計を修理するのが一番うまいとのことで、ソウゴのおじさんが選ばれた様子。

 

デンライナーにはモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスが乗っているが、様子がおかしい。

ソウゴのおじさん、電車は直せないと最初はしり込みするもものの、リュウタロスとかに乗せられて、デンライナーに連れていかれてしまう。

すっかり、別人になったおじさんがおもしろい。

 

アナザー電王が現れ、ソウゴ達が阻止しようとするのですが、そこに現れたのはデネブと侑斗。

侑斗はソウゴがオオマジオウになって将来世界を破壊してしまう、それを阻止しに来たと言うのです。

 

一方、ウォズは電王のウォッチを手に入れれば、また一つ次の力に近づくとソウゴに伝えるのです。

オウマジオウに対抗できる力を手に入れるため、ソウゴは電王のウォッチを集めようと侑斗と戦うのでした。

 

アナザー電王がまた現れたとの情報を受け、そこに向かうソウゴ達。

ゲイツに憑依したモモタロス、「俺、参上!」 って変身してるね。

モモタロスが憑依したゲイツ、すっかり電王の雰囲気をかましていますが、単独では力を発揮できない。

ソウゴとウォズもアナザー電王と立ち向かうが、デネブとゼロノスがまた邪魔をする。

仮面ライダージオウトリニティとなって戦うも、デネブと合体したゼロノスベガフォームは

本当に強くて、アナザー電王を倒すはずが、苦戦するジオウ。

 

 

そうこうしているうちにデンライナーに乗り込んでしまうアナザー電王。

 

直ったデンライナーでどこの世界に行ってしまうのか?

 

次回もまだ電王編、楽しみですね。

 

 

 

 

【仮面ライダージオウ】

ソウゴ(奥野壮)

ゲイツ(押田岳)

ウォズ(渡邊圭祐)

ツクヨミ(大幡しえり)

順一郎(生瀬勝久)

 

【仮面ライダー電王 】

モモタロス(声・関俊彦)

ウラタロス(声・遊佐浩二)

キンタロス(声・てらそままさき)

リュウタロス(声・鈴村健一)

侑斗(中村優一)

デネブ(声・大塚芳忠)

 

 

平成仮面ライダー20周年公式サイト
https://www.kamen-rider-official.com/

 

 

 

テレビ朝日仮面ライダージオウ公式サイト
https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/

 

 

 

応援よろしくお願いします!

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ 仮面ライダージオウへ
仮面ライダージオウ

 

 

 

にほんブログ村テーマ ジオウへ
ジオウ

 

 


特撮ランキング

 

 

| | コメント (0)

2019/06/02

仮面ライダージオウ 第38話「2019:カブトにえらばれしもの」

今回も仮面ライダーカブトの回ですね。

 

巨大な隕石が地球に大接近していて、それを阻止しないと地球は滅亡してしまう。

小型の隕石は止めたものの、あまりにも巨大な隕石のため、いったん作戦を練り直すショウゴ。(そんな余裕があるの?)

 

一方で、加賀美(ガタック)は地獄の兄弟にさらわれていて、それを救出しようとするショウゴ達。

ホッパーであれば、倒せる状態まで行くのに、そうは問屋がおろさない。

うまくいったかと思ったが、アナザーカブトに粉砕され、結局、地獄兄弟にフォーゼウォッチとギンガウォッチを奪われてしまう。

地獄兄弟は自分たちさえ良ければ、地球が滅亡しようとも構わないって思っている。

 

ショウゴが隕石を止めるためには、新たな力が必要。

スウォルツたちは地球が滅亡されては困ると、地獄兄弟からフォーゼウォッチとギンガウォッチを奪うのであった。

 

 

ツクヨミは、仮面ライダーディケイドの門矢士に連れられて、未来に。

ツクヨミの実家と思われる家に入るツクヨミたち。

ディケイドはこの家のコックとして働いているらしい。

そこには、子供のころのツクヨミとお兄ちゃんがいた。

子供のツクヨミは介入者たちと言って、ツクヨミを遠ざける。

 

家の外にはスウォルツがいて、ツクヨミの前に現れる。

「お前と時の王の力が共鳴する時、新たな時代が誕生する」

そう語って、フォーゼウォッチとギンガウォッチをツクヨミに手渡すのだった。

(ツクヨミのお兄ちゃんって、スウォルツのこと?)

スウォルツ自身も、ツクヨミが妹かどうか分からない設定なの?

 

巨大な隕石に立ち向かう、ショウゴとウォズ。

二人の力ではやっぱり、巨大な隕石を止めることができない。

そんな時に、ツクヨミがもう少し時間をくださいと言って、時間を止めるのであった。

これが、ツクヨミの力なので、ジオウだけではできないことなのだ。

 

巨大な隕石を止めることができたショウゴ達は、アナザーカブトと対決する。

アナザーカブトを倒すことができるのは、ジオウではなかった。

ガタックである加賀美が仮面ライダーカブトになることで、アナザーカブトを倒すことができるのであった。

アナザーカブトを倒して、仮面ライダーカブトのウオッチを手に入れた加賀美はショウゴ達にそれを渡すのであった。

 

仮面ライダーカブトを目指していてもカブトになれなかったガタック。

そのガタックが、ショウゴ達の世界に現れて、時空を超えて、仮面ライダーカブトになるっていうのも私は納得ですよね。

 

来週からは仮面ライダー電王編。

どんなお話かは次回の講釈で。

 

 

平成仮面ライダー20周年公式サイト
https://www.kamen-rider-official.com/

 

 

 

テレビ朝日仮面ライダージオウ公式サイト
https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/

 

 

 

応援よろしくお願いします!

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ 仮面ライダージオウへ
仮面ライダージオウ

 

 

 

にほんブログ村テーマ ジオウへ
ジオウ

 

 


特撮ランキング

 

 

| | コメント (0)

2019/05/26

仮面ライダージオウ 第37話「2006:ネクスト・レベル・カブト」

【仮面ライダージオウ #37 「2006:ネクスト・レベル・カブト」】

 

今回の仮面ライダージオウは仮面ライダーカブトの回でしたね。

 

リアルタイムで仮面ライダーカブトを見ていた世代からするとカブト本人が出てこないのは想定通り。

芸能界を引退した人(水嶋ヒロ)が主役のヒーローってことは、カブトの回はその周りで活躍した人達が中心になって物語を作るってことになるんですね。

 

準主役ってことで加賀美(佐藤祐基)さんと、アナザーカブトは矢車(徳山秀典)で、パンチホッパーは矢車の弟分の影山(内山眞人)さんってことになっておりました。

矢車(徳山秀典)ががっつり出てくるのは次回第38話のようですね。

 

カブトの敵って、ワームだったですね。地球外生命体ってことらしいです。

今回は、隕石が落ちてくるんですが、それとともにワームが地球に降ってくるっていう。

仮面ライダーカブトは完全にモチーフが昆虫の話なんで、あまり得意な分野ではないですが、成虫になると加速するっていう設定。

ワーム達も成虫になると手ごわいです。

 

ジオウと一緒に戦うのが、加賀美新のガタック。

今回、ガタックが出てきて懐かしかったですね。

とにかく熱いキャラで、猪突猛進って感じですよね。

そんなキャラなんで、アナザーカブト達に罠を仕掛けられてまんまと引っかかってしまいますね。

ただし、それを利用しようとするのがショウゴなんで、どんな展開に進んでいくのでしょうか?

 

 

地獄兄弟って、確かにそんなキャラもあったな。

パンチホッパーとグラスホッパーは、そもままバッタだったよね。いかにも仮面ライダーなんだけど、ノーマルな感じですよね。

 

 

加賀美新さんが言うには、ガタックが知っている渋谷と、現れた渋谷では世界が違っている。

既に隕石で壊滅状態であった渋谷が復興していると認識した様子。

 

ウォズが調べたところ、隕石が落ちてきて、時空が変わってきているってことのようですね。

ジオウが集めているライドウォッチはあと3個らしいですね。

カブトのウォッチはだれが持っているのか?

 

ゲイツとウォズとの関係は微妙ですね。

元々ウォズが上司なわけで、命令されたり、指示されたくないんですね。

それでも、コンビを組ませるショウゴには、何か訳があるんでしょうか?

ゲイツは自分で仕切りたがり、ショウゴのオオマジオウは阻止したい。

一方、ウォズはオオマジオウを待ち望んでおり、ジオウのしもべとして使える存在。

今時点では、戦力的にはウォズが一歩先行っているのか?

 

仮面ライダーに出てくる、女性キャラはいつも訳アリなんですが、ツクヨミちゃんも謎キャラ。

特殊能力があるけど、封印されている。

一瞬、時間を止めることができるツクヨミちゃん。

能力が開花してきて、その力を使うことによって、違う結果をもたらしていくことになりそう。

記憶喪失となっているツクヨミちゃんは、自分の力の正体、過去の自分や親のことを知りたい。

そんなツクヨミちゃんは、門矢士とどこか別の時空に行ってしまうのでした。

 

 

仮面ライダーガタック/加賀美新 役の佐藤祐基さん

仮面ライダーキックホッパー/矢車想役の 徳山秀典さん

仮面ライダーパンチホッパー/影山瞬役 内山眞人さん

仮面ライダーディケイド/門矢士:井上正大さん

 

ソウゴ(奥野壮)

ツクヨミ(大幡しえり)

ゲイツ(押田岳)

ウォズ(渡邊圭祐)

 

 

 

平成仮面ライダー20周年公式サイト
https://www.kamen-rider-official.com/

 

 

 

テレビ朝日仮面ライダージオウ公式サイト
https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/

 

 

 

応援よろしくお願いします!

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ 仮面ライダージオウへ
仮面ライダージオウ

 

 

 

にほんブログ村テーマ ジオウへ
ジオウ

 

 

 


特撮ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016/12/31

お大晦日は紅白歌合戦 欅坂46って

一年という月日がすごく早いですね。

今日は大晦日。

自宅で紅白歌合戦を見て過ごす年末。

欅坂46

今日まで全く、意識していなかったんですが、はじめて見て結構いけてるねー。

正直、顔と名前は全く一致しませんがね〜。

個人的には、PPAPのピコ太郎が楽しみだったんですが、意外な結果ですね。

途中で、シンゴジラも出てくるし、NHKもすっかり民放のネタを使い回していますね。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/06

モンスターズ・ユニバーシティ3D鑑賞してきました

モンスターズ・ユニバーシティ3D鑑賞してきました


光の森にあるTOHOシネマで、今日封切りのモンスターズ・ユニバーシティ3D鑑賞してきました。


最近、3Dの映画に見慣れて来ましたが、これは良くできている。モンスターズ・インクのサブストーリー。


ぎょろ目のマイクと毛むくじゃらのサリーの出会いが描かれている。


それぞれの特徴と二人の成長が観ていて楽しい。是非、子供達を連れて観てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/20

[映画]レ・ミゼラブル 観てきました 第70回ゴールデングローブ賞作品賞 最多3部門受賞

[映画]レ・ミゼラブル 観てきました 第70回ゴールデングローブ賞作品賞 最多3部門受賞


評判が上々だった、レ・ミゼラブル、やっぱり観たいよね。


第70回ゴールデングローブ賞で作品賞はじめ最多3部門を受賞も納得だな。


のぼうの城を観に行った時に、予告編を見たけど、迫力がすごい。


役者の人たちが、吹き替えなしで歌っているっていうんだから、本物だよね。


人生ってなんなのか、善とは何か、悪とは何か考えさせられる。


ジャンバルジャンがいい。

コゼットもいい。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/24

家政婦のミタ 最終回を見ました。視聴率40%超えはすごいね。

家政婦のミタ 最終回見ました。
関東では視聴率 40%を超えたそうな。すごいね。


子供たちと絆を強めた、家政婦のミタさん。
この家族に一番大切な人は、義理の妹。


それを厳しい態度で教えこんでいく。


それにしても相武さきちゃんを松嶋さんが7回もビンタするところは圧巻だった。


末っ子のきいちゃんとこころが通うミタさん。
ミタさんは結局、子供たちのお母さんになることはなかったが、きいちゃんの小石をもらいそれを思い出にしていくのであった。

<キャスト>
松嶋菜々子 三田あかり (家政婦のミタ)
相武紗季  結城うらら (義理の妹) 


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

ブログランキング にほんブログ村

またのご来訪をお待ち申し上げております。






【ポイント10倍】送料無料!!【CD】家政婦のミタ オリジナル・サウンドトラックTVサントラ [VPCD-81717]【12Dec11P】



【送料無料】家政婦のミタ エピソード・ゼロ
【家政婦のミタ ショルダーベルト 販売中!】家政婦のミタ ショルダーベルト(ドクターズバッグ用)


子供との思い出の時計。これ、子供の時に私が使っていたのに似ているな。

DW-5600E-1★家政婦のミタで松島奈々子さんがつけたタイプです★国内正規品★カシオG-SHOCK★★【全国送料・手数料無料】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_メッセ】【あす楽対応】【マラソン1112P10】【マラソン2011冬_ファッション】


見逃した人はこのDVDでまとめて見てみてね。

【27%OFF】[DVD] 家政婦のミタ DVD-BOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/23

西宮ガーデンシネマでライフ見ました

西宮ガーデンシネマでライフ見ました

西宮ガーデンシネマで朝一番の映画鑑賞してきました。

ライフ、迫力の映像と海外の動物たちのおどろくべき生態。生き残るために、それぞれが工夫し、進化している。


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログランキング にほんブログ村


またのご来訪をお待ち申し上げております。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/31

ドラマ Q10(キュート)第2話

第2話になると生徒同士のからみがでてきましたね。

完全に2次元の世界に生きている同級生の中尾。
(いわゆるお宅キャラ)

キュートを自分が好きなその漫画のキャラクターと同一視しています。

そんな中尾に対して、不思議な感情を持つ平太。

まずは、キュートに付きまとう中尾に興味を持つことから始まるのですが
それは次第に、中尾に対するある感情へと変わっていきます。


キュート「平太は中尾が好き。中尾にはまっている。中尾を喜ばせたい」


素直に行動する中尾、それをすぐに受け入れられない平太。

それは、自分が好きになったものが人間じゃなくても構わないってこと。


生徒たちは一癖もふた癖もある面々であることが分かってきました。


学級委員長で秀才の河合、実はアイドルお宅。
赤毛のロッカー山本、自分の存在に疑問を持ちつつ、自分らしく生きることを決意する。
お調子者の影山、実は秀才の河合が大好きだがなかなか通じない。
平太と病院仲間の久保、平太のよき理解者。


中尾とデートの後にキュートは電池が切れてしまいます。
そのキュートをおぶさって帰る平太。
ちょっとキュートへの気持ちが変わっている自分に気づく。


それは次回の講釈で。

満を持していざ光臨。

ブログランキングに参加しています。

応援いただける方はクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

またのご来訪をお待ち申し上げております。

=================================
あらすじ


平太(佐藤健)が転校生としてやって来たロボットのQ10(前田敦子)の面倒を見るようになって数日。
担任の小川訪(田中裕二)は、平太のクラスメイトの中尾純(細田よしひこ)が、Q10をつけ回していることに気づく。
中尾は好きな漫画のキャラクターに似たQ10に淡い恋心を抱いていたのだった。
Q10がロボットであることがばれてしまうのを恐れた小川は、平太に「中尾にあきらめさせろ」と告げる。しかたなく平太は中尾の恋を終わらせようとするのだが…。

「恋は革命ですよ。
自分の中の常識が全部ひっくり返ってしまうようなものなの」

そう話す柳栗子(薬師丸ひろ子)の言葉で、
Q10を見守る平太の心にもまた、変化が訪れて――。


【新品】【DVD】Q10 DVD-BOX/佐藤健/前田敦子(発売日前日出荷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

のだめカンタービレ 最終楽章  前編 スペシャル・エディション DVD

のだめカンタービレ 最終楽章 観にいきたいな。

前編は結局映画館に観にいくことはできませんでしたが、
テレビの特別編で雰囲気は分かりました。

やっぱり映画館で観てみたい、いい音楽を劇場で聴きたい
そう思うんですが・・・・。

後編は映画館でみたいな。


【送料無料】月刊Piano 2010年1月号増刊 ピアノで弾く 映画「のだめカンタービレ 最終楽章」 ヤマハミュージックメディア のだめカンタービレのあの曲・この曲が月刊Piano増刊号で発売


映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」ガイドブック


のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション

【ストーリー】
指揮コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が音楽監督を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となることに。さっそくフランク(ウエンツ瑛士)とマルレ・オケを偵察しにいく千秋。しかし、ものすごく大雑把な上に合っていない演奏とまったくやる気の感じられないオケの態度を目の当たりにして、あまりのショックで愕然としてしまう。老舗のオケにもかかわらず、近年資金不足のため、リハもままならず、多くの団員が辞めていき、公演も観客が集まらず、悪循環が続いているらしい。しかも、コンサートマスターのシモンは、千秋に協力的ではない。千秋は失意のどん底に……。
一方、のだめ(上野樹里)は、フランク、ターニャ(ベッキー)、黒木(福士誠治)と共に、コンセルヴァトワール(音楽学校)の進級試験を控え、練習に励む毎日。千秋の指揮者就任を聞き人一倍喜ぶ、のだめ。千秋は、そんなのだめに定期公演でラヴェルの「ボレロ」のチェレスタの演奏を頼んだ。妄想が広がるのだめだったが、その大役はひょんなことから、“天才ピアニスト”孫Rui(山田優)が引き受けることに。落ち込む、のだめだったが、千秋を気遣い健気に振舞う。
準備不足の中、マルレ・オケの公演の日がやってきた。しかし、千秋には恐ろしい結末が待っていたのだった……。はたして、千秋はボロオケを立て直すことができるのか?そして、すれ違い始めた二人の恋の行方は……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)