« 池田市−ローンセストン市は姉妹都市です。タスマニアは南半球で日本からは地球の裏側だ。 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第2話 「この星の価値」 »

2011/02/20

海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 「宇宙海賊現る」

戦隊35作目の記念作品ってことで、海賊戦隊ゴーカイジャーはじまりました。

ゴレンジャーも登場しちゃうんだからすごいよね。

海賊って悪いイメージがあるけど、お宝を守っている正義の味方。

ちょっと立ち寄った地球で、思わぬ滞在になる海賊のみなさん。

お宝を守るためには戦っちゃうんですね。

ところが地球の人たちは、お宝の存在を知らないってきています。

何となく、ゴレンジャーから始まる正義の味方たちが地球のお宝って
ストーリーではないかと思ってしまう。

今後の展開がどうなるやら。

それは次回の講釈で。

満を持していざ光臨。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

ブログランキング にほんブログ村


またのご来訪をお待ち申し上げております。

http://d.hatena.ne.jp/HQL00515/20101219/1292721207
http://d.hatena.ne.jp/HQL00515/20110123/1295776845
http://d.hatena.ne.jp/HQL00515/20110206/1296981632

=================================


公式サイトのあらすじ
http://www.tv-asahi.co.jp/go-kai/contents/story/0001/index.html
================================


第1話 「宇宙海賊現る」
34のスーパー戦隊が力を集結し、宇宙帝国ザンギャックを撃破した"レジェンド大戦"から数年後。再び、ザンギャックが地球への侵略を開始しようとしていた。時を同じくして、5人の宇宙海賊が、宇宙最大のお宝を求めて地球に向かっていた。彼らの名は海賊戦隊ゴーカイジャー! ザンギャックの大艦隊をゴーカイオーで撃破した5人は地球に降り立つ。

5人は、地球の人々からお宝の情報を得ようとするが、誰もお宝など知らないという。とりあえず腹ごしらえをと考えた船長のマーベラスは、ルカの指輪と引き換えに、地球のお金を手に入れる。匂いにつられたマーベラスはカレー屋へ。ところが、カレーを食べようとした瞬間、何者かの攻撃を受け、店が吹っ飛んでしまう。

ザンギャックの旗艦・ギガントホース率いる大艦隊が現れたのだ! 司令官のワルズ・ギルが来たということは、ザンギャックは本気で地球を征服する気のようだ。お宝だけが目的のマーベラスたちは、一旦、ゴーカイガレオンに戻ることに。ところが、ザンギャックの行動隊長・シカバネンの残虐な行為を見た5人は、見逃すことができなくなってしまう。

5人はゴーカイジャーに豪快チェンジ! ゴーカイジャーは、襲いくるザンギャックの兵隊・ゴーミンたちを、豪快に蹴散らす。しかし、倒しても倒してもゴーミンは続々と繰り出され、きりがない。そこで、ゴーカイジャーは、レンジャーキーを使ってゴレンジャーに変身。"ゴレンジャーハリケーン"でゴーミンたちを一掃する。

さらに、5人は、シンケンジャー、マジレンジャーに変身。ゴーミンたちを刀で蹴散らし、"ジー・マジカ"の魔法で吹っ飛ばす。そして、ゴーカイジャーに戻った5人は、"ファイナルウェーブ"による必殺技でシカバネンを撃破。助かった子どもたちからお礼を言われた5人は、悪い気はしなかったものの、やはりお宝以外には興味はないのだった。

キャプテン・マーベラス / ゴーカイレッド:小澤亮太
ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー:山田裕貴
ルカ・ミルフィ / ゴーカイイエロー:市道真央
ドン・ドッゴイヤー(ハカセ) / ゴーカイグリーン:清水一希
アイム・ド・ファミーユ / ゴーカイピンク:小池唯

|

« 池田市−ローンセストン市は姉妹都市です。タスマニアは南半球で日本からは地球の裏側だ。 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第2話 「この星の価値」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28686/50923600

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 「宇宙海賊現る」:

« 池田市−ローンセストン市は姉妹都市です。タスマニアは南半球で日本からは地球の裏側だ。 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第2話 「この星の価値」 »