« のだめカンタービレ24巻届きました。 | Main | 仮面ライダーダブル  第34話「Yの悲劇/あにいもうと」 »

May 15, 2010

のだめカンタービレ 最終楽章  前編 スペシャル・エディション DVD

のだめカンタービレ 最終楽章 観にいきたいな。

前編は結局映画館に観にいくことはできませんでしたが、
テレビの特別編で雰囲気は分かりました。

やっぱり映画館で観てみたい、いい音楽を劇場で聴きたい
そう思うんですが・・・・。

後編は映画館でみたいな。


【送料無料】月刊Piano 2010年1月号増刊 ピアノで弾く 映画「のだめカンタービレ 最終楽章」 ヤマハミュージックメディア のだめカンタービレのあの曲・この曲が月刊Piano増刊号で発売


映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」ガイドブック


のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション

【ストーリー】
指揮コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が音楽監督を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となることに。さっそくフランク(ウエンツ瑛士)とマルレ・オケを偵察しにいく千秋。しかし、ものすごく大雑把な上に合っていない演奏とまったくやる気の感じられないオケの態度を目の当たりにして、あまりのショックで愕然としてしまう。老舗のオケにもかかわらず、近年資金不足のため、リハもままならず、多くの団員が辞めていき、公演も観客が集まらず、悪循環が続いているらしい。しかも、コンサートマスターのシモンは、千秋に協力的ではない。千秋は失意のどん底に……。
一方、のだめ(上野樹里)は、フランク、ターニャ(ベッキー)、黒木(福士誠治)と共に、コンセルヴァトワール(音楽学校)の進級試験を控え、練習に励む毎日。千秋の指揮者就任を聞き人一倍喜ぶ、のだめ。千秋は、そんなのだめに定期公演でラヴェルの「ボレロ」のチェレスタの演奏を頼んだ。妄想が広がるのだめだったが、その大役はひょんなことから、“天才ピアニスト”孫Rui(山田優)が引き受けることに。落ち込む、のだめだったが、千秋を気遣い健気に振舞う。
準備不足の中、マルレ・オケの公演の日がやってきた。しかし、千秋には恐ろしい結末が待っていたのだった……。はたして、千秋はボロオケを立て直すことができるのか?そして、すれ違い始めた二人の恋の行方は……。

|

« のだめカンタービレ24巻届きました。 | Main | 仮面ライダーダブル  第34話「Yの悲劇/あにいもうと」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28686/48365236

Listed below are links to weblogs that reference のだめカンタービレ 最終楽章  前編 スペシャル・エディション DVD:

« のだめカンタービレ24巻届きました。 | Main | 仮面ライダーダブル  第34話「Yの悲劇/あにいもうと」 »