« テレビ朝日|仮面ライダーキバ 第25話「ファンファーレ・女王の目醒め」 | トップページ | デジカメ買いました!ITmedia +D LifeStyle:広角25ミリスタートの光学4倍ズームデジカメ、LUMIX「DMC-FX35」 »

2008/07/20

「 ROOKIES(ルーキーズ) 」キセキやばい。|佐藤健 オフィシャルブログ『WITH』 by アメーバブログ#cbox

佐藤健さんが出るというだけで観始めた「 ROOKIES(ルーキーズ) 」

来週が最終回です。

電王のイメージが強かったので、弱弱しいキャラクターかと思って観始めましたが、岡田君はドレッドヘアーでいかついキャラクターでした。

ちょっとモモタロスが入っている感じ。

でも冷静なところはウラタロスかな?


不良ばかりが出るドラマって言うのも最初は得意じゃなかったのですが。

お説教ばかりたれる川藤先生。

空手は得意だが、からっきし野球はできない。

でも生徒を信じる心は誰よりも強い。


その先生が信じてくれているから、団結していける生徒達。

一癖もふた癖もある悪ガキども。

自分を信じてもらえるそのことを心の支えに夢に向かっていく。

こんなやつらが甲子園にいけるのか?

そう思いながらも応援してしまう。

最終回が楽しみだね。

=========================
ROOKIES 第10話 「最終章前編 ~最後の夏 ・・・そして」

ついに始まった夏の甲子園・東京予選大会。ニコガク野球部が初戦に迎える相手は、以前に練習試合で戦った用賀第一高校だ。スタジアムの観客から、昨年に起こした暴力事件のことで野次が飛ぶ中、ニコガクナインは用賀第一を大差で圧勝。だが、その翌日のスポーツ新聞には、ニコガク野球部の勝利に水を差す内容の記事が…。それを読んだ 川藤 (佐藤隆太) は、次の試合にも勝利し、自分たちの実力を見せてやろうとゲキを飛ばす。

その数日後、予選2試合を快勝したニコガク野球部は、否応なしにマスコミからの注目されることに。試合を終えてスタジアムを後にするニコガクナインを大勢の取材陣が取り囲むと、照れくさそうに笑みを浮かべるナインだが、記者からは「本当の実力で三連勝をしたの?」「相手選手を脅して勝ったというウワサがあるのだけど…」などという、下世話な質問ばかりが飛び交う。すると突然、安仁屋 (市原隼人) が「全部、八百長でした」と答えた。一瞬、静まり返る記者たち。その反応を見たナインは、一同大爆笑。それを受けて 御子柴 (小出恵介) だけが、申し訳なさそうに記者たちに謝っていた。

と、その一方、着替えを終えて控え室から出てきた川藤を呼び止める声が。川藤を呼び止めたのはモーニングスポーツの記者、吉田 (渡部篤郎) だった。吉田があいさつをすると、「あの快挙が偽物なら暴いてやろうと思いまして」と、川藤に対して言うと、「自分たちの好きな野球をやる。あきらめずに走り続けることが大事」と答える。その答えを受けた吉田は、川藤率いるニコガク野球部になにか期待にも似た楽しみを感じていた。

その後日、ニコガクの職員室では、野球部の活躍が話題となっていた。「学園をあげて野球部の応援へ行きませんか?」という 真弓 (吹石一恵) の提案に、ぜひ来てほしいと喜ぶ川藤だったが、「喜ぶのはまだ早い…」と 掛布 (天野ひろゆき) がある新聞記事を見せる。と、そのとき高校野球連盟から連絡が…。


リンク: キセキやばい。|佐藤健 オフィシャルブログ『WITH』 by アメーバブログ#cbox.





ROOKIES



佐藤隆太/市原隼人
TBS
JAN:4582224463329 | TCED-324
2008年07月18日発売
出演: 佐藤隆太(SATO RYUTA)/市原隼人(ICHIHARA HAYATO)/小出恵介(KOIDE KEISUKE)
レーベル: TBS
販売元: TCエンタテインメント(株)
発売日: 2008年07月18日
メーカー品番: TCED-324
ディスク枚数: 4枚(DVD4枚)
収録時間: -/-/252分/205分

俺たちは、夢(ドラマ)を見る。

週刊少年ジャンプで連載され、単行本は1,200万部の売上げを記録した、森田まさのり原作の 「ROOKIES (ルーキーズ)」 をドラマ化した作品。
将来に希望を抱けず、自分が何をしたいのかも分からない二子玉川学園高等学校、通称 “ニコガク” の野球部生徒たち。
そんな彼らの前に、希望に燃える新任教師の川藤幸一(佐藤隆太)が現れた。
舞台となる野球部は、試合中に起きた不祥事により活動停止状態に追い込まれていた。
教師に裏切られ、責任をとらされた野球部員は、何よりも夢を大切にし、生徒のためなら職を捨てる覚悟の川藤と本音でぶつかりながら、まだ夢を捨てていない、捨てたくないという心の叫び声をあげる…。
そんな高校野球を通して問題児たちを更正させる熱血教師の活躍と、不器用ながら再び這い上がろうとする問題児達の成長を描く、熱血青春ストーリー!!

【シリーズストーリー】
二子玉川学園高校野球部は、試合中の乱闘事件により活動停止状態となっていた。そのため、レギュラーメンバーをはじめとする部員の殆どは退部してしまい、残ったのは不良グループのみで部室も問題児達の溜まり場と化していた。そんな学校に赴任する事になった、新米教師・川藤幸一(佐藤隆太)。全校生徒の前で挨拶し「夢に向かって一緒にがんばろう」と力説すると、それを聞いた野球部員の安仁屋(市原隼人)や新庄(城田優)たちは揃って爆笑。「夢をあきらめるな」と続ける川藤に「無駄だ」と吐き捨てる安仁屋だったが、そんな中、誰よりも野球部の復活を望んでいた御子柴(小出恵介)は、川藤に徐々に心を開いていく・・・。「もう一度野球をしたい」という御子柴の言葉を聞き、野球経験がないにも関わらず顧問に就任した川藤は、野球部を復活させようと動き始めるが、安仁屋をはじめ若菜(高岡蒼甫)ら部員の猛反発を受ける。さらに川藤が前の学校で生徒(森山未来)を殴って半殺しにしてしまったという話が広がり・・・。
【解説】
週刊少年ジャンプで連載され、単行本は1,200万部の売上げを記録した、森田まさのり原作の 「ROOKIES (ルーキーズ)」 をドラマ化した作品。将来に希望を抱けず、自分が何をしたいのかも分からない二子玉川学園高等学校、通称 “ニコガク" の野球部生徒たち。そんな彼らの前に、希望に燃える新任教師の川藤幸一(佐藤隆太)が現れた。舞台となる野球部は、試合中に起きた不祥事により活動停止状態に追い込まれていた。教師に裏切られ、責任をとらされた野球部員は、何よりも夢を大切にし、生徒のためなら職を捨てる覚悟の川藤と本音でぶつかりながら、まだ夢を捨てていない、捨てたくないという心の叫び声をあげる…。そんな高校野球を通して問題児たちを更正させる熱血教師の活躍と、不器用ながら再び這い上がろうとする問題児達の成長を描く、熱血青春ストーリー!!

|

« テレビ朝日|仮面ライダーキバ 第25話「ファンファーレ・女王の目醒め」 | トップページ | デジカメ買いました!ITmedia +D LifeStyle:広角25ミリスタートの光学4倍ズームデジカメ、LUMIX「DMC-FX35」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28686/41912489

この記事へのトラックバック一覧です: 「 ROOKIES(ルーキーズ) 」キセキやばい。|佐藤健 オフィシャルブログ『WITH』 by アメーバブログ#cbox:

« テレビ朝日|仮面ライダーキバ 第25話「ファンファーレ・女王の目醒め」 | トップページ | デジカメ買いました!ITmedia +D LifeStyle:広角25ミリスタートの光学4倍ズームデジカメ、LUMIX「DMC-FX35」 »