« SIRIJ Web Site - 半導体産業研究所 | トップページ | 介助犬「シンシア日記」TOP »

2006/06/19

@nifty:NEWS@nifty:日本、クロアチアと分ける=1次突破にわずかな望み-GK川口、PKを阻止・W杯(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:日本、クロアチアと分ける=1次突破にわずかな望み-GK川口、PKを阻止・W杯(時事通信).

日本代表、クロアチアに負けはしなかったけど、得点を取れずに引き分け。首の皮1枚つながっているという状態ですね。

それにしてもキーパー川口のスーパーセーブはすごい。

中田英寿のミドルシュートも相手キーパーにセーブされたが、どんどん打ち込んで欲しい。

それとオーストラリア戦と同じようにクロアチア戦でも、後半からリズムが取れない。稲本が出てきたのは良かった。大黒の投入はもっと早く、後半になったときにすばやく入れて欲しい。

とにかくメンバーチェンジを早くして、後半の早い時間で点を取りに行く姿勢を見せて欲しい。

後半は気力も体力も勝負どころ。パスもしっかりまわして、右サイドからの攻撃をもっと増やしてほしい。

どんどんシュートを打って、もっとコーナーキックを取ってほしい。そうすると中沢のヘッドやそこからの相手側のミスによるファールが誘える。そしたら得意のセットプレーでシュートのチャンスが広がる。

点を取るためなら何でもやる。この姿勢を見せて欲しい。


次はブラジル戦。得失点差の勝負らしいが、こうなってくるとどんな勝ち方とかいうよりも「点を取って勝つ」これしかないように思う。

オーストラリアでもブラジルに対して2点失点で済んでいる。日本代表もいい戦いはできる。

日本が2点差以上でブラジルに勝つことは難しいと思うが、早めに大黒を投入するなど、点を取れる人間を早くピッチに立たせて勝負をしてほしい。

攻撃は最大の防御。

|

« SIRIJ Web Site - 半導体産業研究所 | トップページ | 介助犬「シンシア日記」TOP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28686/10589237

この記事へのトラックバック一覧です: @nifty:NEWS@nifty:日本、クロアチアと分ける=1次突破にわずかな望み-GK川口、PKを阻止・W杯(時事通信):

» サッカー日本代表のワールドカップが終わった。 [わたしのブログ]
日本代表のワールドカップが終わったね。昨日は、朝5時に目覚めたときには、ブラジルと1対1で後半戦に入っているときだった。ブラジルが簡単にパスを通すのに、日本はもうへろへろだった。これが自力の差なのかもしれない。川口が好セーブを繰り返しても、ディフェンスを...... [続きを読む]

受信: 2006/06/24 07:21

« SIRIJ Web Site - 半導体産業研究所 | トップページ | 介助犬「シンシア日記」TOP »