« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/05

日本の課長って がんばってる?!

この本「日本の課長」は、最近また文庫本がでているのを書店で見つけて、また買いそうになりました。

自分の会社がまだ合併する前に購入して、世の中の課長ってこんな仕事をしているんだ?!
と大変に参考になった本です。

特に会社の再編や立ち上げに参加された苦労は、自分で味わったのと、さほど違いがないがないと感じました。

また、課長という立場は、中間管理職の出発点という意味では「現在進行形」であり、色々もがきながらも模索し、挑戦して行っているという内容には共感させられました。

全般的には、中間管理職へのオマージュっていいましょうか、課長という第一線ではあるが、管理職の端くれに対する”愛”を感じさせられる内容でした。

「自分が実際管理職になったらどんなんだろう」って、漠然と考えていましたが、私は管理職であってもなくても、あまり感覚的に変わりはありません。

それは、もともと総務という職場で働いていることや社外の方とも接することが多くこともあるかもしれません。

また、上司にも恵まれて、会社の代表として参加する場面に代理者として参加することが多いからなのかもしれません。

私は今ライン職(いわゆる課長)ではないので、気楽に仕事をさせてもらっています。
(他の方からみたらどうか分かりませんが、勝手に気楽に解釈しています)

ニッポンの課長
重松 清著
日経BP社 (2004.1)
通常2-3日以内に発送します。

bk1(ビーケーワン)の購入履歴をたどっていてこの本のことを思い出しました。

下記はbk1から転載(一部追記)です。
<著者紹介>
いまもっとも人気のある直木賞作家、重松清。
1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社を経て著述業に。「ナイフ」で坪田譲治文学賞、「エイジ」で山本周五郎賞、「ビタミンF」で直木賞を受賞。
本書は著者がはじめて書いたビジネスノンフィクション。


The title of this book is "Japan's section chief." It became a paperback recently.

Although I already had that book, I thought that I wanted to find and to buy it at a bookstore .

It is that I read this book in September, 2004.

The company which I commit merged in April, 2005.

II read this book and was able to understand work of Japan's section chief.


The Naoki Prize writer, Kiyoshi Shigematsu who is now [ ] the most popular. The 1963 Okayama birth. The Waseda University department-of-education graduation. It passes through a publishing company and is an author. With a "knife", the Shugoro Yamamoto Award is won at a Joji Tsubota literary prize and an "age", and the Naoki Prize is won with "Vitamin F." This book is the business nonfiction which the author wrote for the first time.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

総務関係の本と成果主義人事

総務関係の本もいろいろあるんですが、体系的にまとまった本がなかなかないですよね。

やはり、総務というくくり方では、大雑把になりすぎるのでしょうか?

最近、成果主義に関する本を読み始めていますが、人事関係の本のほうがなんかアカデミックな感じがします。

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊
内容は良いのですがこの本はちょっと読み辛いです。新しい発想での装丁や英語表記も多く、「読みづらい」って
感じです。

成果主事人事制度の先端を行っていた富士通の元人事部社員が書いているだけに、参考になります。

私もニフティ愛用者であり、初代のデスクトップPCはFMVでしたので、富士通には良い印象を持っています。

現在の富士通の不振を思うと、成果主義人事にもその一端があるのではと考えさせられてしまいます。

個人的には、かつての日本のパソコン業界の二台巨頭 NECと富士通 がんばってほしいです。


<人事制度について>
・人事制度はシンプルな制度で分かりやすく透明性のあるものが良いと思っています。
 上司が何に基づいて判断しているのか、その評価軸を明確にしないと部下はなぜ、 その評価になるのか分かりません。
 単に年に1度の評価面談で話をしただけでは伝わらないのではないでしょうか?

・人事制度は評価する側にも評価される側にも透明性と納得性が担保されたものが良いと 思っています。
 なぜそのような評価になるのかは日々のコミュニケーションで上司が部下に伝えること が大切だと思います。
 そのためには、仕事の目標と成果が明確であることが必要と思います。

・人事制度は制度よりも運用が大切です。
 どんな制度でも完璧なものはありません。
 所詮人が人を評価するのですから、間違うこともあります。
 好き嫌いで評価が違ってしまうこともあります。
 どんな評価であれ、部下を納得させられるものであれば、それは正しい評価になっていると思えるのではないでしょうか。

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊
城 繁幸著
光文社 (2004.7)
通常2-3日以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazon.co.jp:アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと: 本

リンク: Amazon.co.jp:アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと: 本.

AMAZONアフェリエイトに関するいろんな本がありますが、この本ちょっと読んでみたくなりました。

初心者にも分かりやすく、使いこなせそうな内容が満載って感じの所が魅力です。

amazonを使いこなす。これが今年のこれからの課題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行口座をやたらと持っている。三井住友銀行だけでも4つ > 店舗・ATM

リンク: 三井住友銀行 > 店舗・ATM.


銀行の口座をやたらと持っている。
小学生の時に親が作ったのが、三井銀行幡ヶ谷支店。第一勧業銀行笹塚支店。
大学の生活費を振り込みしてもらうために親が作ってくれたのが郵便局(笹塚)。

社会人になってから、銀行振り込み口座で作ったのが三菱銀行尼崎支店の総合口座。

そのあと、さくら銀行 塚口支店。友達に頼まれてさくら銀行 本所支店。

お付き合いで郵便局(神戸)で定期預金。

外貨預金がしたくて、シティーバンク梅田支店。これはいまだにオーストラリアドルを預金している。最初は3ヶ月の定期にしたのだが、そのままにしていたら普通預金で継続されている。
このお金は、何かの定期預金が満期になったのを普段使うお金ではないと思って貯金しはじめた。お金を全く出し入れしていないので、外貨預金(普通)がぼちぼち利息が付いている。

旅費の前借口座は三井住友 伊丹支店です。会社から強制的に作れといわれて作りました。
同じ銀行でも4つも口座あるのに・・・・・?!
三井住友銀行が会社のすぐ隣にあります。
会社の下には三井住友のATMもあります。

前の会社の時には、最初三菱銀行にしていましたが、そのあと三井住友 塚口支店を給与振込み口座にしていました。
(社内にCD機があって独身時代なのでお金をおろすのに便利でした。あのころは自分でお金を出し入れすることが多かった)

今は郵便局を給与振込み口座にしています。
土日にお金をおろすことが多いのですが、ATM手数料が無料なのがいいです。
(妻がお金の管理をしていますので、私が動かすときは休みの日で、頼まれたときのみです)

郵政民営化は大筋では必要と思いつつも、民間のサービスがどんどん低下していく現状を思うと、郵便局を本当に民営化して何かよいことが果たして自分にあるのか疑問に思う今日この頃です。

長期金利が上昇して住宅ローンの金利を引き上げているのなら、もっと定期預金の金利を上げてください。


三井住友のONE`S ダイレクトで他行宛にタイ出張の旅行代金を振り込んだら420円でした。

バブルの頃は定期預金に預けていれば10年で2倍になっていたのに。
今じゃ普通預金に100万円預けても1年で利息は200円(0.002%:三井住友:普通預金)振込み手数料にもなりません。

財産形成貯蓄は東京三菱UFJ銀行と三菱東京UFJ信託銀行にしています。(合併してやたらと社名が長くなって困りものですね)

住宅財形していますが、家を買うめどはありません。
今、借金を抱えてもどこに転勤させられるのか?住めない家に多額のローンを抱える勇気がありません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

憲法はむずかしくない


池上 彰 さん 週間子供ニュースのキャスターのとき、NHKで見ていました。

いまは、フジテレビの日曜夜のスタメンにコメンテーターで出ているときもありますね。

分かり易い解説が好きでした。大人向けの番組では民放でのコメントなので結構キビシめな発言もあり注目しています。

ちょうど民主党の党首選挙がある前までは、自民党が活発に、憲法 改正について論議しているような報道があり、いまさらながら「憲法」について感心を持ちました。

この本は本当に分かりやすく書いていますので、中学生くらいから読める本だと思います。

大人が読んでも十分勉強になります。

私も大学で人文学部を出ていますが、大学時代にあまり勉強していなかったので、今頃になって真剣に読書をするようになりました。

<疑問>
自衛隊って何なんだろう?その素朴な疑問に答えるのは実は「憲法」そのものです。

<回答>
第4章の「第九条が常に争点になってきた」を読んでください。

自衛隊は「国際法上は軍隊」 やっぱりそうなんですよね。

参考文献も色々と載っています。さらに勉強をしたくなったらご紹介の本を読んで見ることです。

私は次に何を読もうかまだ決めかねているとことですが、あなたなら何を読みますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋トレは辛い?!

できるかな?

久々に筋トレをしました。

中学時代は筋トレ部長として、筋トレに励んでいました。

高校時代も筋トレ部長として、筋トレに励んでいました。

大学時代は筋トレを日課にしていました。

いまや体脂肪25%。

また、筋トレに励まねばならない時期がきました。

でも、筋肉が消失していまっていて腹筋10回で辛いです。

まずは、基礎的なトレーニングからはじめて、基礎代謝をあげることから、取り組みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコログのサイドバー組込外部モジュールを追加しました-事務局広報部 - Echoo!-エコログ

リンク: エコログのサイドバー組込外部モジュールを追加しました-事務局広報部 - Echoo!-エコログ.

エコログでサイドバーが色々と使えるようです。

私は基本機能しか使用していないので、面白みの無いページになっていますが、ぼちぼち更新していきます。

見てみるとペット系のサイドバーが多いですね。

時計を付けるのが便利なんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »