« むやスキンクリニック 「皮膚科、美容皮膚科、形成外科、スキンケア(脱毛、シミ、にきび等) | Main | Lions-Quest「思春期のライフスキル教育」プログラム »

May 26, 2005

ライフスキルのページ<自分らしく生きるための道具箱>

リンク: ライフスキルのページ<自分らしく生きるための道具箱>.

「自分らしく生きる」
非常に簡単な言葉ですが、なかなか「自分らしく生きる」ことを実践していくことは難しいのが現実です。

「自分らしく」生きていこうと思えば、「自分」とは「いったい何ものなのか」を知る必要があります。

「自分はどうしたいのか」「なぜ、そう考えるのか」など自分の考えや行動の理由を突き詰めて考えることは、日常やらずにすごしてしまいがちです。

ライフスキルは生きていくうえでの基本的な技術で、誰でも繰り返し訓練するにより向上するという。

もうとっくに「十代ではない自分」でも訓練・練習しだいで「まだ能力が向上する余地がある」といわれれば、ずいぶんと気持ちが楽になります。

自分の気持ちや考えを、まっすぐに表現する、「アサーティブ」な態度で接していくことが、ほかの人たちとのコミュニケーションを円滑にしていくとある。
なかなかできないが一個ずつ試していくことにしたい。
(以前、研修でも「アサーティブ」という言葉をきいたが、本質を理解しないまま過ごしていたような気がする。キーワードとその考え方を引用する)

アサーティブ<4つのキーワード>
キーワードは「対等」「率直(そっちょく)」「誠実」「自己責任」
とある。

1.「対等」というのは、自分が相手よりも上だとか、相手より下だとか、そういう考えにとらわれることなく、同じ立場の人間として向き合うこと。

2.「率直」とは、遠まわしに言ったりくどくど言いわけしたりせず、気持ちや意見をシンプルな言葉にすること。

3.「誠実」とは、自分にも相手にも正直に、心をこめて向き合うこと。

4.「自己責任」とは、自分がどうするかを自分で決め、結果にも自分で責任を持つこと。人の言いなりになったり、人のせいにしないことです。

(出典)ライフスキルのページ<自分らしく生きるための道具箱><アサーティブって何?>
http://www.ask.or.jp/lifeskill/columns/what_Assertive.html

このページは、子供のいじめ問題のページ
「いじめ撲滅ネットワーク」からたどりつきました。
http://members.jcom.home.ne.jp/i-network/

|

« むやスキンクリニック 「皮膚科、美容皮膚科、形成外科、スキンケア(脱毛、シミ、にきび等) | Main | Lions-Quest「思春期のライフスキル教育」プログラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28686/4283530

Listed below are links to weblogs that reference ライフスキルのページ<自分らしく生きるための道具箱>:

« むやスキンクリニック 「皮膚科、美容皮膚科、形成外科、スキンケア(脱毛、シミ、にきび等) | Main | Lions-Quest「思春期のライフスキル教育」プログラム »